So-net無料ブログ作成

介護帰省(3) [雑感]

埼玉の自宅においては私は母親、女性、妻(?)…
九州の実家へ帰ると私は52歳の子供になる。父83歳母80歳…しかし母は…

私を小学3年の二学期からやっと一緒に暮らせるようになったというのに、勉強が遅れている、どうしても100点を取らせ、教室の後ろに張り出されたい母のエゴ。

答案集を書店より手に入れ、テストの前日に完璧に暗記してしまうよう、私に強要した母。

宿題の作文が苦手な私に代筆してそれを書き写すよう、強要した母。

答案集が手に入らなくなり、急に成績が落ちると頭を何度も叩かれた…父方の祖父母に只の一度も手など挙げられたことなく、厳しさの中にもチカラ強い優しさがあった。
子供が暴力を振るわれてもなんら抵抗が出来ず、居場所を無くすことになろうとも、どこへ行くあてもなく、孤独と恐怖に耐えながら、生きていかなくてはならない。

40年以上憎んできた母がまだ脳梗塞で倒れる前、私の問いにひとことだけ、お笑い番組を観ながら、しぶしぶチラと私の方を向いて答えた…

「子供は叩いて育てるものと思ってきた」…と。

母15歳の時、昭和20年5月1日34歳で私の祖母農薬を呷り死去。
短気な父母の元に生まれた5人姉妹の長女として、手を挙げられたり、ベルトを外して追いかけてきた父親の元で過ごさねばならなかった母は辛すぎたであろう…叔母達からも親が怖がった話は聞いている。

母のほんのひと言はそれまでの私の憎しみを、図らずも一挙に拭い去った。
子供の頃親から受けた体験は、自分が親になった時の行動に往々にして繋がるものだと個人的には考えている。

それが嫌で仕方なかった私はどのようにすれば、変えられるか、決して親のようになりたくない。人生の目標にしてきた。
母の本音のどの部分が私から憑き物を落としたのか、不思議な瞬間であった。身体からチカラが抜けていった。

今や母はほぼ一日中車椅子に座り、おさなごとなって、私が面会に行くと顔をクシャクシャにして喜ぶ。

父は今朝から遺言書の下書きを始めた。

自分が子供でいられるのもあと僅かである。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

介護帰省(2) [雑感]

鍵を持たないから玄関のたたきに座って待つことにした。私は帰省する時何の連絡もなしに突然帰ることにしている。自分の身体の調子がいつどうなるか判らないからだ。
やっと戻ってきたオヤジと夕飯に、トースト1枚、牛乳、サラダを食べ、入浴して床についた。

深夜2時、私が手洗いに起きるとオヤジも起きてきた。そして、救急車を呼んだ。呼吸困難と喘鳴が聞こえていた。自分で心筋梗塞だと言う。

私にお前は一緒に来んでいいと言うから私はオヤジの救急車が市民病院向けて走り去るのを聞き届けてからまた朝まで布団に潜り込んだ。

昼頃まで眠ってしまいオヤジの車で病院へ行く。ナースステーション横の集中治療部屋にいた。

鼻カニューレから酸素を吸い、胸には心電図モニター、両手の甲から血管確保してあり、点滴は右手から入っていて左手は心肺停止になった時の為に一応、ヘパリンロックがされていた。

医師から夕方話を聴いた。うっ血性心不全とのこと。心筋がほとんど動いていないのと、腎臓は不全になる手前のようだ。もはや透析の適用外に陥った。いつ何時、心停止するかわからない状態。
私はずっと前からいずれそうなると予想していたので、医師にはくれぐれも延命措置だけはしないでくれと頼んだ。そんなことをしても意味がない。

オヤジから遺言を聞いておかなくてはならないし、祖母の遺産(僅かばかり)を巡って兄弟で裁判途中だからそこもなんとかさせないといけないのだが、遺産相続の件で意地になり、周りが目に入らないらしい。諦めるしかあるまい。『クリスマスキャロル』の話を思い出す。

老人保健施設の母親に会いに行った。初め、車椅子に座ってぼーーっとこちらを見ていた母。

私が傍に行っても誰だか分からなかった様子でキョトンとしていた。表情はまるで幼子であった。私に向かって、「あら?ピッピによく似た看護師さんのおらす!(看護師さんがいる) おたくさんはどなたさん?」と言う。

私が「なんば言いよっと!アタシタイ~」 と言うと、昔私を殴りつけていた人間とは別人になり、顔をクシャクシャにして泣いた。嬉しい!嬉しい!と言う。

私は今や、この人の母なる存在である。


nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

介護帰省(1) [雑感]

先週の金曜、九州の実家の父から電話あり。

また具合でも悪くなったのか…

私の携帯へ電話しても、ずっとサイレントモードになっていたために連絡がつかなかったと言う。私に何かあったのかと自宅の電話へ掛かってきた。
私はなんともないよ~頭痛はほぼ毎日だけどね。
父は頭が急にボーっとして気分が悪くなったから近所の掛かりつけで点滴をしてもらったのだと言う。

翌日の土曜は仕事仲間になる方々と『心が疲れていませんか?』という題の講演会を聴きに行くことになっていたので、帰省はそのうちにと軽く考えていた。

しかし、基調講演が子供の頃から現役引退までのサッカー人生を釜本さんら当時有名な選手との絡みに終始、とうとう終わりまで鬱病の話は出ず。
第二部の防衛医科大の教授が心療内科の話に入り、一同ホッとした雰囲気に変わったのを感じた。
しかし、皮肉なことに観客は100%近くが中高年以上で、冷たい雨の降る日にわざわざ埼玉まで出てくる人は心がそれほど疲れていない人なのだ。

ひどく疲れている人は電車にも乗れなかったり、それ以前に家から出られないだろうな~教授はそんなことも言っていた。ほんとだよね…

なんだかその日、期待が半分空ぶった気がして明日、オヤジの様子でも見に行くかな…

で、日曜の朝8時50分発博多行き東海道新幹線のぞみに乗った!博多から熊本までは九州新幹線デビュー(^_^)v 綺麗な車両!
車内ではドストエフスキーの『貧しき人びと』を読む。『罪と罰』を読見終えたら面白くなって全作品を読もうという気になった。

実家には夕方前には着いたが肝心なオヤジは母が入所している老人保健施設へ見舞いに行って留守だった。(続く…)
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

働く犬たち [ニュースから]

震災現場で生存者を必死で探す犬達。

しかし、先日の報道のよると、被災地の匂いが訓練では経験したことのないもの。たとえば油やがれきなど様々なものが潮と混ざり合い、複雑な匂いに犬達が戸惑ったとのことだった。

期待したほどの成果が得られなかったことは残念だったが、私が観ていて辛かったのは、犬達が足裏の肉球を怪我してしまったこと。被災地には危険なものがたくさん散らばっている。そこを裸足で歩くのだからさぞかし痛かったろうと思う。

今回の経験をふまえて、災害救助犬の訓練に、様々な匂いの中で集中させることを取り入れたり、犬に怪我を防止するための靴を履かせたり、改善を試みている訓練士の様子がTVに映し出されていた。

犬達にとって、訓練は大変だろうが、健気に行動しているところに胸を打たれた。 以下、↓↓↓今見つけたサイトです。

よかったら観てみて下さい。

   http://www.jiji.com/jc/d4?p=wgs329&d=d4_animal&rel=y&g=int[犬]
nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

羽毛布団や毛皮 [動物愛護]

今日は<弥生、スコットランドはエジンバラ(エディンバラ)発!>のyakkoさんのブログをリンクさせて頂きました。

ニュースでも扱われていました。ペットショップの深夜生体販売禁止、猫カフェの夜8時以降の猫は店から上がることに。

日本でもやっと動物福祉への扉が開かれたのでしょうか。。。来年6月に法律改正とはなんと先のこと。厚労省も呑気なことを言っていないで、早急に動いて欲しいです。

羽毛布団や毛皮がどのようにして商品化されているか、知ってしまうと人間のむごさに情けない気持ちになります。

こちらも眼を逸らさないで観なくてはならないと思います。 

007.JPG 


nice!(12)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

動物的カン [うつ病]

2011 10 22_1691.JPG⇒これは文面とは関係ありません(*^^)v

[猫][猫][猫][猫][猫][猫][猫][猫] 

とら吉が珍しく緊張している。

いつもなら、この時刻には眠そうにのんびり欠伸をしてニャー~ニャー~言うのに。

何かを怖がっている。二階の布団に寝っ転がり、そおっと頭を撫でながら、大丈夫だよ~と囁く


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

デベソ [うつ病]

夜11時過ぎるととら吉はもう寝ようよ~モードに入る。

ニャー~♪(正座して私をじーっと見つめる)

とら~眠いの?ニャー~
じゃァ、お二階に行こうね~♪ ニャー~

あァ、その前に歯を磨いてトイレに行かなきゃ~ニャー~(トイレのドアの前に座って待っている)
時々前脚で、旅館の仲居さん宜しく、ドアを開けて入ってくる。

私にだけべったりな猫

私の布団の裾に気持ち良さそうに陣取り、夜が明けるまでそこで眠る。

とら~♪おやすみィ

私が頭やお腹を撫でながら、とら吉のデベソにダイブすりすりをする。フワフワでデベソのところだけ、ポコンとお山になっている。

そうしていると、なんだか急に悲しくなってデベソが涙を吸う。

ンニャ?と短く鳴く

ごめんよ~とら吉
nice!(6)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。