So-net無料ブログ作成

もう新大阪 [旅]

このところの不眠により目を醒ますと11時近くに。朝方実家を出立つするつもりが大幅にずれ込み、列車は新大阪に着いた。
18時頃東京に着く予定。
家を出る時、父に「じゃ~ね」と言うと、「どうせまた、こっちに来にゃんだろうけん、旅費ぱやっとこ。」と旅費の一部をくれた。

どうせまた、すぐに帰って来ることになるだろうからあげておこうというわけである。父らしい『予約』の仕方に苦笑する。

普段、心底憎たらしく思っているだけに、今日ばかりは此方の油断に不意を突かれた形になった。
親子とは不思議なものだ。
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

帰りたい [うつ病]

13日からずっと父の入院に合わせて埼玉の自宅を空にしていた。今回も、父が検査前に自ら電話を掛けてきた、心不全や腎不全でもあるし何かあったらいけないと思い飛行機で飛んで来た。

しかし、父は今日夕方退院した。元気になったつもりでいるから強気なのだろうが、お前に帰って来いとはひとことも言ってないと言う。

昨年から月一回のペース位で帰省していたのにがっかりだ。何の為にそんなことを言われなければならないのだろう。自分自身を出来るだけ、平穏に保てるように実家の仏壇には朝な夕なに手を合わせてきた。父や母の為に祈ってきたのに残念な気がする。


今年、イブの28回目の結婚記念日とクリスマスに、夫はスーパーの冷凍食品しかなかった様子。

夫と話したくても電話には絶対出てくれないのでどうしているか全くわからない。娘達に聞いても、「二階から降りて来ないからわかんないし、おかずをこしらえても嫌いだと食べないからもうお父さんのことなんか知らないよ!」という。

夫はひとりで居るときに電話が掛かってくるのが嫌で、私がいないと電話器のコンセントを抜いてしまう。ついでにインターネットのルーターも抜いてしまう。節電のつもりだと以前言っていた。
夏も冬も電気代節約の為に私がいないととらちゃんが居てもエアコンも明かりも点けない。今回は私がよくよく頼んだのでエアコンは点けてあるらしい。でも娘達がバイトから戻ると部屋中の電気が消えて真っ暗だそうだ。
1
0月に挙式した長女が来年母になると連絡が来た。つわりがあるらしい。下の娘達も「せめて正月くらい帰ってきてくれない?お母さんがいないと寂しいよ!」と言ってくれる。
頼られている私は果報者だ。若い頃、幾度となく死にたくなったことがあった。
今、生きていて良かったと心から思う。人は生かされている。実感する。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

起きたい [うつ病]

結局14日は一日中布団から起きることが出来ず、父の病院へも、母の老人保健施設(老健)へも行けなかった。

私が生まれ育った町は私の記憶の中にのみ存在し、カーナビをつけなくては車で走っても迷子になってしまう程、変わってしまった。寂しいがこれが時代の流れ。『方丈記』の冒頭になる。

勿論変わらないだってある。路面電車を挟んで両側を二車線三車線の道路上をバス、車が飛ばして行く。

そんな街を熊本城は変わらず見守ってきた。修復は終わったのかしら?家から5.5㎞ある。身体がなまっている。歩こうか~
昨日まで3日間、起床時刻夕方6時だったり、昨日は夕方どうしても眠くなり寝てしまったら、起きると夜10時50分!こんなことは初めてだった。
朝飯しか食べず、夜11時近くまで眠ってしまった。身体いによくないから本当は嫌だったが冷凍庫から手作りおむすびを解凍し、インスタントのスープ、珈琲、ヨーグルト、黒酢、蒸し餃子、食べ過ぎた。

新聞を読んだり、NHKの『ニュースで英語』を観る。

だったひとりで実家にいると自分には両親がいて、それぞれ車椅子生活で老健と心臓が幾度となく止まりかけて病院とに入って世話をして貰っている。

そんなことが事実なのかとうなのかわからなくなる。さらには自分が生きているのかどうかさえ定かではなくなる。

毎日、不思議な夢を見させられるのもこうした考えから来ているのかもしれない。

阿蘇山をいつも見ることが出来てとにかく、幸せである。美味しいものもこの身体にはもはや不要!
nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日の続き… [うつ病]

5時11分発の電車には十分過ぎる程の余裕を持って間に合った。

準急だと池袋まで23分、これは普通だから32分、品川まで30分位?品川から羽田までは10数分?ホームからスカイネットアジアのカウンターまで10数分、やっとのことでカウンターに到着。

汗だくでしかもほとんど寝ていない為、朦朧とした中、予約番号を差し出して\12,370を出した私にカウンターで綺麗な受付嬢に言い渡された言葉。

「お客様~大変申し上げにくいのですが,日付がかわるまでにお支払いがなかったので、キャンセルになっております。従いまして、本日ご搭乗頂くのでしたら、\32,800となりますがよろしいでしょうか?」


ピ「…(大汗)……(滝汗)…(目が白目に)……………へ?………?サンマン?」失神寸前。

これが昨日の大失敗である。ただでさえ、無収入で、KA!KA!KA!KANE!がないというのに…

財布の中身を見て、私の背中はナイアガラの滝汗! カウンターの中からは綺麗な御ネイサンがさも気の毒そうに

(しかしさすがに訓練されているだけのことはある。顔に焦りを出さないのだ!プロは違うよ~見習わねばと必死になって、神様から今、私は試されているのだと思い込もうとするピッピ!これは何かの代償だとも!うん~そうにちげーネェ~)

いつしか江戸っ子訛りになるピッピ!(岡っ引きかよ~)

‡‡‡‡‡‡‡‡
っちゅうわけで、スッカラカンになった財布から百円玉を何個か出して朝飯においなりさんを買い、すっかり冷めてぬるくなったホットココアで朝の薬を飲んだのであります。

はぁ、支払いをうっかり忘れるとは…

しかし、飛行機からの眺めは絶景だったなぁ~幾えにも重なった山々の裾に白く雲がたなびいているよ…綺麗だなぁ~

海は朝日を受けて、鴇色に輝いているし、やっぱり巨大な日本地図の上をなぞるように飛んで行くのをみるのはスカイマークかソラシドエアだな~ローカルだけど、楽しい。

熊本に到着したはいいがなんか疲れ果てている感じがして、洗濯物だけ終わらせてベッドでバタンキュー

夕方、ようやっと起きてオヤジの病院へ。検査は無事終了し、担当医師より明日午前中に説明予定と聞き、実家へ。しかし、翌朝のアラームに身体が拒絶反応を示し、ベッドから起き上がることしら出来ず。

理由を述べて説明を先延ばししてもらうようお願いすると心よく、引き受けてくださった。優しい看護師さん。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

熊本より愛を込めて [うつ病]

11日(日)午前、循環器専門病院に入院中の父より電話あり。

13日(火)に心臓カテーテル検査+治療(血管を広げるステントという金属を留置)があると医師から告げられた由。

私の立ち会いを求めていた。
私は風邪気味で咳がやっと止まったところだったので、その旨を話したら、うつされたら困るから来なくていいと言う。

そのまま電話は切れたが検査自体、高齢者には侵襲が大きい。心臓も腎臓も糖尿病が原因でかなりボロボロだ。

術中に脳梗塞や腎不全(造影剤を使う為、腎臓にかなり負担が掛かる)、あるいは死亡することもありうる。

暫く、また夫を置いて埼玉を離れるが致し方ない。スカイネットアジア(今はソラシドエア)の駆け込みWeb割り(\12370)を購入。(ここで大失敗…これは後程触れる)



朝一便は7時50分発。自宅から徒歩20分の最寄り駅を5時11分の電車で出発しないとギリギリになる。
一晩中、煌々と輝く月の明かりに照らされて布団に横たわる。全く眠れず。
4時にアラームを掛けたが起きられるかどうか心配で心配で、いつもならストンと寝てしまうのにどうしてもダメ。

布団に入ったのが0時過ぎだからか。とうとう、アラームが鳴った。

布団に入る時、出掛ける格好で寝たのが災いしたのだ!きっと

とら吉はぐっすりと幼子のような寝息をスウスウ立てて眠っていた。

しかし私が起きると一緒に起きてしまった。大あくびをして、目は虚ろだ。(明日に続く)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

家政婦のミタ [雑感]

自殺してしまった母の代わりに、入った家政婦。
ロボットのような彼女に人間らしい心の動きが…
冷たいようで、温かい不思議なドラマだな~

セカンドヴァージンで注目された彼の4人の子持ち役が…良い

昭和20年5月1日農薬を煽った34歳の祖母、幼い5人姉妹を残して忌まわの際に何も思わなかったのだろうか?

家政婦のミタと被る。私が知らない若き祖母
nice!(5)  コメント(2) 

とら吉との絆 [猫]

今月5日に日付を戻す。

熊本で九州新幹線さくらに乗り、新大阪でのぞみに乗り換えた。行きは博多乗換だったので、ホームが同じで楽だったが新大阪は初めてで、大変な混みようだった。しかも乗換口が狭い。私が抱いていた広々したイメージからは程遠かった。

東京まで近くなったものだ。1時間程度で着いてしまう飛行機には及ばないが、地に足がついている安心感がある点では約6時間の旅は短いと思う。

自宅の玄関のカギを、リュックから探し出し、ガチャガチャやってドアを開けると、とら吉がリビングの入り口から顔だけ出して私の顔を見た。

びっくりした表情で私の顔を見ると、ふと我に返ったように、ナァーーン♪ナァーーン♪と大きな声で鳴いてくれた。リュックや土産を玄関にドサッと置いてから、とら吉を抱きしめた。

途端にどうしたことか涙があふれてきて、とら吉の頭を涙で濡らしてしまった。シュウベルトが居なくなって初めての帰省はなんとも頼りなかった。そんなことないと自分に言い聞かせてできるだけ、心を平穏にしておこうと努めていたから、きっといちどきに気が緩んだのだろう。

とら吉が居てくれて本当によかった。nonさんの言うとおりだ! 

P1011712_1.jpg


nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。