So-net無料ブログ作成
検索選択

とら吉との絆 [猫]

今月5日に日付を戻す。

熊本で九州新幹線さくらに乗り、新大阪でのぞみに乗り換えた。行きは博多乗換だったので、ホームが同じで楽だったが新大阪は初めてで、大変な混みようだった。しかも乗換口が狭い。私が抱いていた広々したイメージからは程遠かった。

東京まで近くなったものだ。1時間程度で着いてしまう飛行機には及ばないが、地に足がついている安心感がある点では約6時間の旅は短いと思う。

自宅の玄関のカギを、リュックから探し出し、ガチャガチャやってドアを開けると、とら吉がリビングの入り口から顔だけ出して私の顔を見た。

びっくりした表情で私の顔を見ると、ふと我に返ったように、ナァーーン♪ナァーーン♪と大きな声で鳴いてくれた。リュックや土産を玄関にドサッと置いてから、とら吉を抱きしめた。

途端にどうしたことか涙があふれてきて、とら吉の頭を涙で濡らしてしまった。シュウベルトが居なくなって初めての帰省はなんとも頼りなかった。そんなことないと自分に言い聞かせてできるだけ、心を平穏にしておこうと努めていたから、きっといちどきに気が緩んだのだろう。

とら吉が居てくれて本当によかった。nonさんの言うとおりだ! 

P1011712_1.jpg


nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。